建築美装

■建築美装ってどんなお仕事?

新築工事が終わった建物というのは、すぐにお客様にお引き渡しできる状態ではありません。
工事後は、窓や床に付着したホコリや木くずなど、工事の間に出た汚れでいっぱいなので、キレイにお掃除する必要があります。
昔は、大工さんがその作業を行っていましたが、現在では商品価値をより高めるために、専門の業者に任せる形式が一般的になっています。

当社が主に承っているのは、この『新築工事後の内装をキレイにする』というお仕事。
水回り・窓回り・建具などをすみずみまでキレイに磨き、お客様に引き渡せる状態まで持って行くのが私達のお仕事です。

 

■新築美装の手順

【1】養生材をはがして撤去
工事中に、素材をキズ付けないように使用していた養生テープや、床を保護するためのベニヤ板や段ボール、シート養生、プラベニヤ、クッション材など、まずは各箇所の養生保護材を剥がしていきます。

【2】廃棄物を分別
工事中に出た、木くず・プラスチック・鉄くず・紙・石膏・ビニールなどを細かく分別。
ブロワ作業を行う前に、大きなゴミはある程度掃き掃除で取り除いておきます。

【3】建具・照明器具・サッシについたホコリを、専用器具で落とします
ブロワと呼ばれる風を起こす機械で、細かいホコリを飛ばしていき、周辺を掃除機で吸いとります。
この作業をしっかりと行っていないと、拭き掃除の時にホコリが付いてしまうため、入念に行いましょう。

【4】窓ガラスやサッシを拭き上げます
ホコリが残らないように、丁寧に拭き上げます。
ホコリだけでなく、触った箇所に手の跡が残っていないか、作業後にしっかりと確認するのがポイント◎

【5】キッチン台・洗面台は、引き出し部分まで開けて丁寧に水拭き。
目に見える箇所だけでなく、こうした見えないところへの気配りが大事。
細かな部分までこだわり、入居するお客様が気持ちよく住めるよう、汚れを見落とさないことが大切です。

【6】床に掃除機をかけた後、水拭きを実施
床のホコリをしっかりと掃除機で吸いきったら、最後にワックスがけを行い、清掃作業完了です。

◎最初は養生や汚れが多かった内装を、すみずみまでキレイにするととても清々しい気持ちになります!
キレイ好きな方、お掃除をするのが好きな方。
主婦のスキルを活かして、私達と一緒に建築美装のお仕事をしてみませんか?

求人について、詳しくはこちら≫ 

【電話】090-8455-4481
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】東海市を中心とした近隣エリア

一覧ページに戻る